• ひと部会 たから社教

たから文化祭


11/6(日)奥飛騨総合文化センター&奥飛騨トレーニングセンターにて

第12回(通算45回)たから文化祭 が開催されました!

当日は、9時から奥飛騨総合文化センター、1階ホールにて、さるぼぼキッズの

「平湯の大ネズコ」をはじめ、「盆栽」、「川柳」、「短歌」、「書道」、「写真」、

「手芸」、「水墨画」「瓢箪細工」、「手作り工芸品」などの作品展示。

奥飛騨トレーニングセンター、アスレチック室にて、小、中学校の児童生徒の、「絵画」、

「書画」、「版画」、「図画」、「立体工作」などの作品展示がありました。

12時からは、奥飛騨総合文化センターステージにて、芸能発表会が開かれ、第一部では、

北稜中学校吹奏楽部の演奏を皮切りに、「舞踊」、「カラオケ」、「柔道の演武」、

「ピアノ演奏」、「民謡」、「エレキ演奏」。

第2部では、音色の森による「合唱とピアノ演奏」を皮切りに、「フラダンス」、「歌謡メドレー」、あまりの芸達者ぶりに、たくさんのおひねりまで飛び出した、「踊り」。

大トリを飾った「DHYO(どひょう)サクソフォンカルテット」の、素晴らしい演奏には、満場の

拍手が起こっていました。

当日は、芸能発表会の出演者を含めると、来場者は軽く300名を超え、文化センターの駐車

場が満車で車があふれ、一時は駐車スペースが足りなくなるほどの、盛況ぶりで関係者一同、

うれしい悲鳴を上げていました。

この「たから文化祭」は、観ることももちろんですが、できれば次回は、各々の自慢の作品を展示いただいたり、「芸能発表会」の場で、日頃の練習の成果を発表していただく場に、利用していただきたいと思います。


0回の閲覧