• 本部

高山市議会への要望


【要望】

10月29日(月)谷村昭次市議会議員に同行をいただき

地域事業における交通手段の確保についての要望を行いました。

上宝・奥飛騨温泉郷地域での社教等の行事において、地域資源を

多様に利用する意味や高齢者行事又は小中学校を含めた行事は最大

規模の取り組みで地域が広く移動手段の確保に苦慮している現状に

あるため、地域が抱える事情への配慮として、地域事業にスクール

バスの活用を希望する要望を提出致しました。

【回答】

 スクールバスについては、児童生徒の遠距離通学の対応として

配置しています。

学校以外で利用する場合には、運転手の確保、事故発生時の責任の

所在、車両が破損した場合の代替車両の確保などの課題があり、

本来の目的である児童生徒の通学手段を確保することに支障が

生じないよう、学校以外での利用を制限しているところですので

ご理解願います。

 なお、学校以外が主催する事業であっても、学校行事として

児童生徒が参加する場合においては、その移動手段としてスクール

バスを運行することは可能です。


22回の閲覧

 たからまちづくり協議会